山形県川西町 ふなやま歯科医院

予防歯科

治療の必要がない、健康なお口に

これなくして、これからの歯科治療の意味はないと思っています。

予防や歯周病治療の一番の近道は自分自身のどこがどれだけ悪いのか状態を知ること。

患者さんが歯にお悩みを抱えずに、生涯を健康なお口で過ごすことができるよう、ふなやま歯科医院では、担当歯科衛生士による予防歯科で一人ひとりに最適なサポートを行います。

歯を”治す“ことから”守る“ことへ

一度削った歯は元の健康な歯には戻りません

虫歯になった歯を削って詰め物をし、痛みが消えて見た目が回復した経験から「虫歯になっても治療をすれば元通り」と思われている方が多くいらっしゃいますが、実際は人工物で補われただけで、元の健康な歯に戻ったわけではありません。

歯の詰め物・被せ物は時間の経過によって小さな隙間ができてしまうことが多く、その隙間から虫歯が再発することも・・・。その度に治療を繰り返してしまうと、ご自身の歯はみるみる減っていきます。

実際の調査結果として、歯科医院での検診(予防)の受け方と残存歯数の関係を年代別に比較した「歯科医院のかかり方と残存歯数」のグラフをご覧ください。

歯科医院のかかり方と残存歯数

加齢によって歯を失うわけではありません

グラフからわかる通り、「定期健診を受診」していた方は80歳になっても若い頃とほとんど変わらない本数を維持し、反対に「歯が痛むときのみ受診」の方、「歯みがき指導のみの受診」の方は多くの歯を失ってしまっています。

歯を失う原因は加齢とは関係なく、7割以上を虫歯と歯周病が占めています。それらを防ぐことができれば、歯を失うリスクを大幅に減少できます。

削って詰めるを繰り返す悪循環に陥らないためにも、治療後はもちろん、痛みなどの症状が出る前に歯科医院で定期的にメインテナンスを受け、治療・再治療の必要がない口腔環境へ改善し、より多くのご自身の歯を残して食事や会話を生涯楽しめる健康なお口を維持しましょう。

担当歯科衛生士による予防歯科

セルフケア×担当歯科衛生士によるケアと管理で、一人ひとりに最適なオーダーメイドの予防を!

予防歯科には歯みがきなどの毎日ご自身が行う「セルフケア」と、定期的に歯科医院で受けていただく「プロフェッショナルケア」の2つのケアがあります。

どちらか片方ではなく両方のケアを行うことで、予防歯科の効果はより大きく発揮されます。

また、当院のプロフェッショナルケアの歯科衛生士は担当制なので、長期的にお口の健康管理ができ、変化を見逃さず一人ひとりに合ったお口のケアを継続的に受けていただくことが可能です。


Copyright © 2014-2022 Funayama Dental Clinic. All Rights Reserved.

ページの先頭へ

0238-42-3057 初診限定Web予約 LINE無料矯正相談

初診限定Web予約

LINE無料矯正相談

MENU